|「アンコンシャス・バイアス」マネジメント 最高のリーダーは自分を信じない(かんき出版)

【重版決定!】国内初!「アンコンシャス・バイアス」がタイトルに!

すでに、5万人がアンコンシャス・バイアス研修を受講

アンコンシャスバイアス.jpg

「アンコンシャス・バイアス」=無意識の偏見、無意識の思い込み、無意識のとらわれ、無意識の偏ったものの見方など、日本語では様々な言葉で表現されています。

日本では2013年ごろから、ビジネス雑誌や新聞・テレビでも取り上げられるようになってきた。グーグルが、「アンコンシャス・バイアス」と名づけた社員教育活動を始めたことで一躍、有名になった言葉でもある。なぜ、今、注目されているのか?最大の理由は、組織の発展において、多様性が重要になってきているからです。

 

リーダーがメンバーの社歴や性別などで能力を決めつけてしまうことで、同じようなレベルの仕事しか任せることができず、メンバーの成長機会が失われていく。結果として、組織としての成長がストップし、業績が上がらない。
リーダーの思い込みによる評価で、メンバーのモチベーションが下がっていく。適正な評価が行われないことで、前向きになれず、やりがいを失い、新たな仕事に挑戦しようと思わなくなってしまう。
リーダーの自己防衛心で、メンバーとの信頼関係が失われ、チーム内の心理的安全性が保たれない。互いに言いたいことが言えず、チームとしての一体感が失われ、組織が一丸となって取り組むことができなくなってしまう。


本書は、リーダーが身につけておきたい“必須知識”となった「アンコンシャス・バイアス」について、まずはどういうものかを知る、そして自分自身のバイアスに気づく方法、さらにはどのように対処していくか、メンバーみんなでバイアスに振り回されないチームになる方法を、事例をふんだんに交えながら解説する。まずは経営者や管理職をはじめとするリーダーから、自分自身の無意識の思い込みや、無意識の偏ったものの見方に気づき、意識して対処する。たったそれだけで、組織の未来は劇的に変わる。

|目次

Chapter0◎職場にあふれている「アンコンシャス・バイアス」の正体
◇アンコンシャス・バイアスって何?
◇なぜ、人は「無意識の思い込み」をしてしまうのか? 20
◇どんな弊害を引き起こすのか? 22

Chapter1◎自分の「無意識のバイアス」に気づく
◇リーダーのバイアスが周囲にどんな影響を及ぼしているかに気づく
◇自己認知力を高める①
相手の非言語メッセージを意識する~相手から自分を知る
◇自己認知力を高める②
アンコンシャス・バイアスを記録してみる~思考のクセを発見する
◇自己認知力を高める③
相手を意のままに操ろうとしない~自己防衛に走らない
◇自己認知力を高める④
感情を言葉にする~気持ちを落ち着かせる
◇自己認知力を高める⑤
目的に立ち戻る~長期的な課題に対処する

Chapter2◎バイアスがあらわれやすい言動をやめる
◇アンコンシャス・バイアスは「2つの言動」にあらわれる
~「決めつけ」と「押しつけ」
◇決めつけの言動①
普通そうだろう ▽ 価値観の決めつけ
◇決めつけの言動②
そんなことできっこない ▽ 能力の決めつけ
◇押しつけの言動①
つべこべ言うな ▽ 解釈の押しつけ
◇押しつけの言動②
これくらいできて当然 ▽ 理想の押しつけ

Chapter3◎意識の置きどころを変える
◇対処の基本は「意識化」すること
◇意識化① 言われた相手の「心のあと味」に目を向ける
◇意識化②「なぜ?」ではなく「何が大切?」と未来に向けた質問をする
◇意識化③「今・現実」を意識する
◇意識化④ バイアスを意識的に上書きする
◇意識化⑤「プラス面」に意識を向ける
◇意識化⑥「セルフイメージ」を上書きする
◇意識化⑦「あともうひとつの情報は?」「別の情報は?」を意識する
◇意識化⑧ 新たな経験で上書きする

Chapter4◎互いのバイアスに振り回わされないチームになる
◇自分のなかにある「思い込み」を伝え合う
◇チームの「共通言語」にする
◇リーダー自ら自己開示して心理的安全性を担保する
◇相手を変えようとするのではなく、自らがわる
◇フィードバック・ループをチームで回す
◇言葉の解釈を互いに確認し合う
◇余裕をつくる
◇メンバーが大切にしていることをリーダーも大切にする

巻末付録◎リーダーが意識しておきたい代表的な15のアンコンシャス・バイアス
◇職場の人間関係や仕事に影響する代表的なシャス・バイアス
◇キャリアや成長に影響する代表的なアンコンシャス・バイアス
 

|感想

<届いた感想を少しずつご紹介します>

わたし自身は偏見少なめでしょー、と、本当に傲慢ながら思っていたのですが、とんでもない。偏見自覚ノートをつけてみると、偏見いっぱいあるなーと。あらびっくり結構かなり裸の王様。

無意識の「偏ったモノの見方」。これはすべての人が持っているもの。だから、そのことについての、良し悪しはない。

むしろ、例えば美味しいリンゴを手に入れるときに、瑞々しいか、張りがあるか、色が美しいかなどを瞬時に判断して決断する、そういった日常の細々としたことを一から考えなくて済むようにしてくれる、とてもありがたい側面を持っていることも事実。けれど、これらは経験に基づく判断のショートカットであり、常にこれに頼っていると「今、目の前の現象」に対する判断を誤ることになる。それによって、気づかないうちに誰かを傷つけたり、仕事や家庭で衝突、行き違いを生み出したりしてしまう。それは、本人にとっても相手にとっても不幸なこと。本人はむしろ相手を気遣ったつもりだったかもしれないし、相手はそれによって傷つき悲しみ心を閉ざしてしまうかもしれない。

 

例えばわたしのアンコンシャス・バイアス。

「非常勤の人には定時で帰ってもらうことが重要だ」と思って定時までに終わらない仕事は自分が巻き取っていた。けれど、任された仕事は最後まで自分がやり遂げたいと思っていたその人にとっては、「期待されていないんだ」、「時間内に終わらなかったことが申し訳ない、自分はダメだ」と感じさせてしまった。

 

こんな風に「良かれと思って」が相手を悲しませることになりうる。これは自分の思考と行動を疑い、振り返り、書き出してみたことで気づけたことでもある。アンコンシャス・バイアスが厄介なのは「無意識」であること。自覚がないものは直せないしわからない。だからこそ、「これって、わたしのアンコンシャス・バイアス?」を合言葉に問いかけ続けること、自覚できるように行動し続けることが大事。人は変わる。変わり続ける。

1年前、昇進を断固として拒否していた部下が、今年も昇進に興味がないとは限らない。自分自身のアンコンシャス・バイアスも経験し学び続けることで変わり続けていく。とはいえ、すべての物事を疑い続けていたら仕事どころか生活も出来ない。夕食のご飯の食材さえまともに買えなくなってしまう。では、どこにフォーカスするか。

 

それは「相手が不快に感じていないかどうか」。仕事にも家庭にも多大な影響を与える人間関係は正しいか否かで決まらない。

セクハラ、パワハラでよく言われることだけれど、「快」「不快」は相手の感じ方ひとつ。ちょっとした視線の動き、表情のこわばり、不自然な間から、「相手が不快に感じていると思われる兆候」を見出す。もしくは、自分が感じた「言語化できない違和感」を認識する。そこで、「これって、わたしのアンコンシャス・バイアス?」と問いかけてみる。そうすると、ちょっと違った景色が見えるかもしれない。

 

意識することで、無意識下にあり見えていなかったものが浮き上がる。浮き上がった無意識は、意識下に格納されて二度と無意識には戻らない。その作業を、繰り返し、丁寧に行っていく。それでもアンコンシャス・バイアスはなくならない。

アンコンシャス・バイアスは生きるための智慧でもあるから。それが「快」を生み出しているときはそれでいい。

けれど、無意識に、本人の望みとは関係ないところで、誰かに、そしてもしかしたら自分に「不快」を与え続けていたら。
それを、可能な限り、最小限にするために、目の前の物事を見続け、そして意識下に置くために丁寧に日々を重ねていく。

それは誰のためか。自分と、自分の大切な人のため。

 

問題は、「自分の半径数メートル」の中で起きるという。

トランプ大統領が何を言おうが心はそう乱れない。

けれど、両親や配偶者、上司や部下の言うことは心に刺さる。自分が影響を受ける人、自分が影響を与える人。それらはだいたい半径数メートルの人で、大切な人だ。

出来れば(現実は嫌いでも)良好な関係を築きたいと思っている人たちで、彼らが不快になるとそれを受けて自分も不快になったりもする。アンコンシャス・バイアスが最も影響を与えるのが、そういった人たちだからこそ、自分自身の幸せのためにも、

意識し続け、修正し続けることが、きっと一生涯必要なのだと思う。アンコンシャス・バイアスを意識することは、人生の質を高める。自分と自分の大切な人の幸せで楽しい時間を増やし、多様な考え方や視点を自分の中に蓄積してくことで、

自分の見れる世界事態を広げて豊かにしてくれる。

「これって、わたしのアンコンシャス・バイアス?」が広まり、たくさんの人が無意識に意識を向けて、自分も周りの人も幸せになる、そんな世界のために、これからのご活躍を心から応援しています。

©Copyright All Rights Reserved.㈱モリヤコンサルティング